高校生必見!短期バイトデータベース

短期バイトで稼ぎたい高校生は早めに申し込みを

高校生必見!短期バイトデータベース

PICK UP

申し込みはお早めに!

申し込みはお早めに!

短期バイトは、高校生を含めた多くの学生たちに人気があります。また、学生でなくても、個人的な都合で短期バイトに応募しようと考えている人が多くいます。このように多くの人から人気がある短期バイトですが、実際に募集している人数はそこまで多いとは言えません。そのため、募集人数が少ない求人で自分に合った求人が見つかれば、なるべく早くに応募することが大事です。また、応募したとしても面接で合格しなければ仕事をすることができません。そこで、申し込みと面接に受かるポイントについて紹介していきます。

LINEで送る

早めに応募することのメリットは大きい

短期バイトはかなり高い人気を誇るバイトですが、一つ一つの求人で募集している人数はそこまで多いとは言えません。募集人数に対して短期バイトを希望する人の人数が多いので、気になる求人を見つけたらなるべく早くに応募することが大事です。求人情報の中には、あまりにも多くの応募が来る前に、ある程度応募が集まったら募集をストップしてしまうという所もあります。そうなってしまうと、どんなにその仕事をやりたいと思っても出来なくなってしまいます。
もしかしたらあと少し早くに応募していればセーフだったということもあるかもしれないので、早めに行動を起こすようにしましょう。短期バイトに早めに応募した方が良い理由は他にもあります。短期バイトを募集する企業側は、なるべく早めに人員を確保しておきたいと考えます。
そのため、場合によっては応募した順に採用を決めていくということもあるので、早めに応募しておいた方が良いということになるのです。やりたいと思ったバイトができるように、求人を見つけたらすぐに応募してみましょう。

面接では絶対に遅刻しないように

短期バイトに応募することを決めたら、受かるために履歴書と面接に力を入れるようにします。履歴書も面接も、共にその人がどのような人なのかを知るための大事なツールとなっています。履歴書は、内容をなるべく全て埋めることが大事です。自分が面接官だったと仮定した時に、もし応募してきた人が空欄が多くてほとんど白紙に近い履歴書を持って来たらどうでしょうか。あまりその人のことが分かりませんし、本当に働きたいと思っているのかと疑問に思うと思います。そのため、しっかりと書ける所は書いて埋めるようにしましょう。
また面接では、必ず敬語を使用して話し、当日は絶対に遅刻をしないようにします。遅刻をしてしまうと、この人は採用しても遅刻をするだろうから仕事を任せられないと思われてしまいます。行ったことがない場所での面接の場合は、30分~1時間程早くにそこに到着するようにします。こうすることで、当日何かトラブルが起きたとしても対応できますし、遅刻をするということがなくなります。

短期バイトの定番記事

  • 体力に自信があるならポスティング!

    体力に自信がある人で、自分の都合に合わせながら働きたいという人には、ポスティングの仕事もオススメです。一日3~6時間労働で、時給900円程度又はポスティングするもの1枚2~6円の歩合制で働きます。特別な資格やスキルは必要ないので、初めてバイトをする高校生にも向いています。自分の体が健康であることが大事なので、労災保険に加入することもあります。加入すると保険料は取られますが、怪我をしても医療費を負担してもらうことができます。

  • ティッシュ配りは超簡単!

    ティッシュ配りのバイトは、4~6時間の労働で働ける短期バイトとして、高校生に非常にオススメです。よくノルマがあるという話を聞きますが、最近はノルマを設けていない所が増えています。そのためノルマを気にすることなくティッシュを配り続ければ良いので、簡単なバイトとして人気があります。しかし、ノルマがなくても、出来高制が導入されているならなるべく多く配った方が良いでしょう。配った分だけ多く報酬が貰えるので、頑張って仕事をしようという気持ちになります。